無料レポートプレゼント!!マンションデベロッパー、販売会社の営業マン必見!「消費者がマンション販売に求めるもの」

マスコミはマンション販売は好調と報道していますが、実際はそうでしょうか?
好調物件と不調物件は二極化しており、半数以上のマンションが後者に属するのではないでしょうか。

みなさんは今までにこんなことを思ったことはありませんか?

●チラシに広告宣伝費を費やすのは無駄じゃないか?
●ポスティングもイマイチ・・・
●お客様がモデルルームに来場してもなかなか購入してくれない

マンション販売は新聞折込チラシなどの紙媒体の広告をメインにダイレクトメール電話営業ポスティング飛込み営業を何十年も繰り返してきましたね。
販売が好調なときも販売が停滞したときも同じです。

時代は変化しつつあります。以前は業者側に情報は多く、消費者は少ない情報の中で購入へ踏み切っていました。

しかし今は、消費者はインターネットを使ってどんな情報でも簡単に得ることができます。業者よりも消費者の方が情報は豊富ともいえます。

消費者は情報を提供しないと行動を起こしません。モデルルームの来場者が減っているということは情報不足なのです。従来の「こんな場所に」「こんな間取りで」「こんな仕様で」「この価格」のようなチラシでは消費者は満足していないのです。

今後は、今までのチラシなどの限られた紙面の情報では消費者は行動を起こさなくなります。
消費者が求めているものはもっと詳細な情報なのです。

それでは多くの情報を提供するためにはどうしたらよいのでしょう?
チラシを冊子にして情報量を増やして新聞に折込む?
チラシを何種類も制作してシリーズ広告のようにする?

そんなことをしたら、広告宣伝費が増えて、マンションの価格に反映されてしまいますね。

前述のとおり、消費者はインターネットで情報を得るのです。
消費者はインターネットで比較しているのです。

こんなことを言うとみなさんは物件のホームページを立ち上げていると言われるでしょう。
しかし、そのホームページをみなさんは更新していますか?
物件データを毎週更新している位ではダメです。
消費者は詳細且つ常に新しい情報を求めているのですよ。

それを費用もかけずに手軽にできる方法があります。
今までのような業者側のみの一方的な情報発信ではありません
正に消費者が求めている情報を発信して、この不透明な業界を透明なのもにしていきましょう。

マンション業界の健全化と活性化のために・・・

「消費者がマンション販売に求めるもの」

■内容のご案内

1.マンション販売におけるインターネット戦略の重要性

2.マンション販売におけるインターネット活用の現状

3.マンション販売における物件ホームページ活用の現状

4.ブログとは何?

5.急成長するブログ市場、企業は販売促進に活用

6.ブログのメリット

etc...

消費者がマンション販売に求めるもの

いまやマンション購入層は20歳代後半から30歳代。
いわゆる「団塊ジュニア」といわれる世代で、この世代はインターネットのヘビーユーザー層と重なります。

「インターネット白書2005」によると、インターネット人口は、2005年2月末時点で7,007万人となり、世帯浸透率は82.8%となっています。

これを団塊ジュニアにしぼると、ほぼ全員がインターネットを利用していると言えます。

つまりこれからは、テレビや新聞折込チラシ等の紙媒体の広告から「インターネット」を使った販売手法に変えていかないと、マンションは売れない時代となります。

大手デベロッパーはインターネット販売部隊を組織し、インターネット経由で反響のあったお客様を全てその部隊でフォローし、成果を残しています。
各社インターネット経由でのお客様の購入率を高めようと
試行錯誤しながらネット販売を確立しようとしています。

しかし、販売現場の営業マンはネットに無頓着な人が多いと聞きます。インターネットからの反響が少なくても何の手も打ちません。物件ホームページを立ち上げるのは当たり前になりましたが、戦略性がありません

お客様は情報を得るためにインターネットを利用します。マンションのモデルルームへ行く時も同じです。いろいろなホームページで情報を得て、比較検討して、資料請求して、販売会社とのやりとりの後セレクトされたマンションのモデルルームへ来場しているのです。

ホームページからの反響が少ないということに対して営業マンはあまり気にしてません。そもそもホームページに頼っていないのでしょう。でも、そんなことでは取り残されてしまいますよ
もっとホームページに興味を持ちましょう!反響が少ない時は何が原因なのか、デザインなのか、訴求ポイントなのか、資料請求ページへの誘導はできているか、などなど。

原因が判明したら、即、ホームページのリニューアル、というわけにはいきませんね。費用と時間がかかります。

そこで登場するのが今流行の「ブログ」です。安価で簡単に更新でき、パンフレットやホームページでは語りつくせない詳細情報を発信できます。

ブログにはトラックバック機能があります。トラックバックとは自分の意志で相手のホームページ(ブログ)にリンクが貼れます。それによってトラックバックを貼ったホームページ(ブログ)のユーザーを自分のホームページ(ブログ)へ誘導することが可能となります。

また、トラックバックを貼ることでSEO対策(Google・YAHOO等の検索エンジン上位表示によるアクセス数アップ)のメリットがあります。それは「被リンク数」が順位判定のポイントとなっているからです。

ブログにはコメント機能があります。ブログを閲覧したユーザーが意見や感想を書き込めます。ブログ以外でこのような双方向のやりとりをするためにはメールくらいしかありません。しかし、メールは相手のメールアドレスを取得する必要がありますので、ハードルが高くなりますね。

ブログは更新頻度が重要です。そんな毎日毎日書くことがあるかなぁ、、、って不安になることはありません。数千万円の商品を売っているあなたですから、いろいろな話題をお持ちのはずです。消費者が知りたい情報を書けばよいのです。

売込みばかりじゃダメですよ。あくまでも消費者の目線で、消費者の立場に立って、消費者にとって有益な情報を書き続けること。これが販売促進につながります。

それでは具体的にどのような記事を書けばよいのか?
書いた記事を多くのユーザーに読んでもらうためにはどうすればよいのか?
資料請求に結びつけるためにはどうすればよいのか?

その続きは無料レポートで・・・

お問い合わせありがとうございます。
無料レポート「新しいマンションの売り方」をご希望の方は、下記のメールフォームからお申込下さい。
プログラムの仕様上、E-mailアドレスを入力しないとエラーになります。必ずご記入下さいますようお願い申し上げます。
入力が終わりましたら、「クエリ送信」のボタンを押してください。
内容確認のページでOKであれば、「送信」ボタンを押してください。

無料レポートは後日、メールにてPDFファイル形式でお届けします。

は必須項目です。

御社名
マンションデベロッパー様 販売会社様 広告代理店様 その他
部署名
お名前
E-mail
ご住所 郵便番号
都道府県
電話番号
FAX番号
URL
※お申込いただきましたE-mailアドレスには、後日マンション販売に関する有益な情報をお届けいたしますのでご了承下さい。(配信解除付き)

■お問合せ、お申込は■

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4丁目4番14-1001号
特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク  担当:荻野(おぎの)
TEL:06-6251-1346  FAX:06-6251-1347
受付時間:10:00〜18:00
定休日:水・土・日曜日・祝日
E-mail:ogino@m-douyo.jp